MySTEP通信

あざみ野 たまプラ 新百合ヶ丘 の 個別指導 学習塾 予備校 MySTEP公式ブログ 【MySTEP通信】

あざみ野 たまプラ 新百合ヶ丘の個別指導/学習塾/予備校 *中学受験*高校受験*大学受験対応の学習塾「MySTEP」の公式ブログ。教室スタッフが、教室の様子や学習・受験に関する情報、勉強の仕方などを配信します!

3月1日より新規生募集開始!

f:id:mystep-susukino:20200807144648p:plain

 

満席の為、新規生徒様の募集を停止させていただいておりましたが、

 

3月1日より新規生の募集を再開いたします!

 

 

※既に満席の枠があるため、空き時間帯限定での募集となります。

 

空き枠等のご質問は直接教室(045-507-7716)までお問い合わせください。

 

※満席となり次第締め切ります。

 

満員御礼!満席の為、1月23日より新規入会募集を停止いたします!

f:id:mystep-susukino:20191216170548p:plain

 


≪塾をお探しの皆様へ≫

満席の為、1月23日より新規生徒様の募集を停止させていただきます。

MySTEPでは現在ご通塾されている生徒様の成績UP、志望校合格を最優先とさせていただき、新規生募集停止とさせていただきます。

募集停止期間中も体験授業などのご予約は受付ておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

※体験授業は新規生徒様募集開始以降の実施となる場合がございます。
※入会募集再開時期は教室までお電話にてお問合せ下さい。

今後ともMySTEPすすき野校をよろしくお願いいたします。

ブログ:MYSTEP通信
https://mystep.hatenablog.jp/archive

Twitter
https://twitter.com/mystep_susukino

市ヶ尾高校3年R君/ 東進共通テスト本番レベル模試 理系偏差値71.6 獲得!

f:id:mystep-susukino:20201017151722p:plain


こんにちは!

あざみ野・新百合ヶ丘・たまプラーザの学習塾/予備校の

MySTEP(マイステップ)です!

今回は、市ヶ尾高校3年R君の東進共通テスト本番レベル模試(H2)結果についてお伝えします!

  R君の以前の結果はこちら! 

 

mystep.hatenablog.jp

mystep.hatenablog.jp

mystep.hatenablog.jp

mystep.hatenablog.jp

 

今回の結果

共通テスト本番レベル模試

f:id:mystep-susukino:20200821152110j:plain

f:id:mystep-susukino:20200821152120j:plain

f:id:mystep-susukino:20200821152136j:plain

志望校判定

f:id:mystep-susukino:20200821152154j:plain

f:id:mystep-susukino:20200821152204j:plain

f:id:mystep-susukino:20200821152214j:plain


以上、東進共通テスト本番レベル模試結果でした。

 

今回は、R君の模試結果に加えて、高1生に向けて「正しい質問の仕方」についてお伝えします!

 

学習していると、必ず疑問が生まれ、講師に質問すると思います。

そのとき、「どんな質問の仕方か」でその後の「伸び」が変わります。

まず、危険な質問は「ただその問の解答を聞く」ことです。

「先生、この問の答えを教えてください」と聞かれると「解答を教えただけで、果たして類題すべてが解答できるようになるだろうか・・・」と不安になります。

その問が何を聞いて何を求めているのかを読み取り、解法の根拠まで考えるのが重要です。

「Aって何ですか」

「Bです」

と答えを聞くだけでは成長できません。

この自覚がなければ、非常に貴重な時間を無駄にしてしまっていることになります。

では、どのように質問をすればよいのでしょうか。それは、

「○○の定理を使おうと思ったが正しいか」

「○○しようとしたが、△△の可能性があるのではないかと思ってしまった」

「模範解答が○○だが、△△と解いた。合っているか」

といった質問です。

 

これらの質問をする生徒は、各科目・分野の本質をとらえ、自分の芯をもっています。そのうえで、ある1問に当てはめる際にできた障害を除くために質問しています。

この質問ができる生徒は非常に強く、成長も早く伸びも良いといいことづくしです。

もちろん、はじめから上質な質問など出来るはずがなく、初学者のうちからいい質問をしなさいと言いたいわけではありません。

「わからないけど聞けない」からと一時間うんうんと唸ってほしいわけでもありません。(1時間、2時間と考えるのはとても大事ですが、初学者で何も考えられない状態で1時間、2時間と時間を費やすことは避けましょうという意味です。)

大切なのは、「質問には有意義なものとあまり意味のないものがある」ことを知っておくことです。

ただ解法を聞くだけで満足する生徒から、自分の考え方の確認をして講師を唸らせるような生徒に成長していきましょう。

質のいい解き方の話をします。

まずは、質の良い質問の一例をご覧ください。具体例を挙げてみます。

 

数学
「解答のこの部分(後半)の場合分けはここの場合分け(前半)の時点で言えていないか」「数Ⅰの範囲での解き方は分かったが、数Ⅱを使った解き方はできるか」

「これって直感的には成り立つように見えるのですが、反例の考え方を教えてください」

「この問題、展開が予想できたのでやってみていいですか」

 

物理

「この問題の解答は加速度を上向き正と置いたが、このように(下向きに)置いてやってみたい」

「『相対速度を用いて解け』とあるが、相対速度を使わない場合はどうやって進めるか」

「この問題って、結局は運動方程式さえ立てられればあとはいつも通りですよね」

「この問題の、この表現の解釈はこういうことでいいですか」

 

化学

「こっちの問題ではClの酸化数は+1なのに、こっちの問題だと-1になっているのはなぜですか」

「計算は分かるので、たてた比だけ答え合わせしてください」

「中和滴定も酸化還元反応も結局はmolに結び付ければいいですよね」

 

ここまでの質問が出来る理由は、問題を解くときにここまで意識して取り組んでいるからです。

このような進め方はテキストをただ使うときより2倍以上の実力を身につけることが可能です。

もちろんこのような発想をもって進めることは最初からできることではありません。

しかし、自分から少しずつ考えて取り組んでいかなければ絶対にこの力はつきません。

以前、「物理がわからないです」「数学を教えて下さい」といった質問をする生徒がいました。

彼にも質問の仕方を教え、少しずつ改善されてゆき、つい先日「電磁気の分野、コンデンサーが理解できないのは電場や電荷を理解しきれていないからでしょうか」と質問をくれました。

これは自分の問題点を自己分析し、対応策を模索しているいい質問です。

問題を深く考えて深く取り組むことがいい解き方であり、それによって生まれる質問がいい質問です。

成就の秘訣は日進月歩ですので、堅実に取り組んでいきましょう。

 

 ※高難易度のテキストほど、解答の途中式・考え方を極端に略す場合があります。理由は、行っている計算の内容や理由が理解できれば、あとは計算・記述するだけだからです。ですので、省略された部分を埋めることは講師に頼りましょう。ただし、ゆくゆくはこの質問をしなくなることを目標に学習する必要があります。

 

 以上、市ヶ尾高校3年R君/ 東進共通テスト本番レベル模試結果についてお伝えしました。次回もお楽しみに!

 

 

 

市ヶ尾高校3年R君/ 全統河合共通テスト・記述模試 理系偏差値70.5 獲得!

f:id:mystep-susukino:20200814195448p:plain


こんにちは!

あざみ野・新百合ヶ丘・たまプラーザの学習塾/予備校の

MySTEP(マイステップ)です!

今回は、市ヶ尾高校3年R君の全統共通テスト河合模試結果についてお伝えします!

 ※高3になってからの模試が延期となったため、高2冬の結果となります。

 R君の以前の結果はこちら! 

 

mystep.hatenablog.jp

mystep.hatenablog.jp

mystep.hatenablog.jp

mystep.hatenablog.jp

 

今回の結果

全統共通テスト

f:id:mystep-susukino:20200814182307j:plain

f:id:mystep-susukino:20200814182419j:plain

 

f:id:mystep-susukino:20200814182429j:plain

f:id:mystep-susukino:20200814182523j:plain

全統記述模試

f:id:mystep-susukino:20200814182459j:plain

 

f:id:mystep-susukino:20200814182509j:plain


以上、全統河合共通テスト・記述模試結果でした。

R君同様に難関私大・国公立志望の高3生はそれぞれ自分たちの課題克服に向けて学習をしています。

今回はその中でR君、S君の課題(高2の12月時点における)をご紹介します。

 

高3生共通の課題

数学・・・論述力不足
全体的に、数式のみを連ねて解答としていることが多く見受けられます。

しかし、それで正しい解答が出たとしても、場合によっては理解は伴っていないことがあります。

数学よりむしろ物理を思い浮かべた方が想像しやすいかも知れないですが、「なぜその式・条件なのか」を、上手く説明できないまま何となくで解としている場合があるからです。

どんな科目であれど、解答というのは自分の理解の鏡であって、人にその問題について忠実に説明できる草稿のようなものです。

その意味で、「解けた」問題は必ず何の曇りもない説明が出来るというものであって、そうでないならば、それは解けたとは言えません。
上記のようなことは、ハイレベルな要求に聞こえるかもしれないですが、学問の理解においては必須です。

では、どのようにして上記のような説明力をつけるのか。

それはひとえに、日頃の問題に対して、たとえ些細であっても、完璧に解説をつけるのみです。

時間がもったいないと感じるかもしれませんが、仮に合格だけが勉強の目的であったとしても、塾なし・教科書のみで最難関大学に合格する人間がいる以上、受験対策は問題数だけで量るものではありません。

むしろその質こそに価値があり、それは普段から完璧な説明を試み、理解不足な点を自分の中で明らかにする、これを繰り返し論理的思考力を鍛えることによってはじめて保障されるのです。

以上のことを試みて、実際に出来ているのか不安になった場合は、塾を利用して、講師に説明したり、仲間内で同じ問題を解いて答案を交換し合い感想戦をしたりすると良いでしょう。

そうしていくうちに、自分の中で論理的な不安や飛躍が全くない、自信のある解答を書けるようになるはずです。

 

物理・・・論述力不足+暗記偏重+物理的直感の欠如
論述力不足は数学と同様。

物理固有の問題は、教科書に公式の導出が満足に述べられていなかったり、数学とは違って教科書を読まずに問題集から始める学生が多いために、ただひたすら公式を口ずさんだ感覚で暗記し、なんとなく使えそうな式を並べ立てて問題を解いている傾向があります。

たとえば、とても基礎的な問題(非弾性衝突で運動量は保存するのに運動エネルギーが保存するのはなぜか、単振動の運動方程式とその解、うなりが起こる理由、コンデンサの電気量、電気容量、電圧の関係式と、電気容量の真空の誘電率、極板面積、極板間距離を用いた表式、交流回路のリアクタンス、位相のずれ、etc)が説明できる学生は意外にも少ないです。

物理は、セミナーなどの学校傍用問題集をただこなすだけではいけないということが、今の例からよくわかると思います。

むしろ、些細な計算よりも、そこで用いている公式の意味や、得られた結果からどのようなことが言えるか、さらにその結果と物理的直感との整合性などを常に頭の中で論じながら取り組まなければいけません。

理科というのは世界に起こる現象が「なぜ」起こるのかを問う学問だ、ということが受験対策レベルでも根底に流れています。

例えば、単振動の運動方程式を書いてみなさい。と言われて、変位の係数の符号を正にする人は、単なる表式としかそれを見ていないのではないかと不安になります。

もし変位の係数が正ならば、加速度的にばねにくっついたおもりはその振動を増大し、しまいには空のかなためがけて振動します。

物理を記述するすべての式は、物理的に意味を持つ。それを意識しながら、解いていってほしいです。

また上のような物理に対する理解不足は、結局高校物理が微積分を表面上使っていないように見せかけているところから起こることが多いです。

実際、有名な高校物理の参考書「新・物理入門」(駿台出版)とその問題演習では、微積分を主体に高校物理を鮮やかに説明していますが、これを行って初めて高校物理の諸公式や、諸現象の理由がはっきりします。

微積分で物理をするというと、難易度が高いようで抵抗がある学生が多いですが、数学Ⅲまで履修しているならむしろ取り組んだ方が良いです。微積分を使っていない物理のほうが、数学的に確かな物理よりも物理的直感に頼ることも多く、つかみどころが少ないため難しいように思えます。


R君の課題
全体的に、深い思考力が身についているが、問題を解くにあたって、長考しすぎなところがありるため、この点を改善すべきです。

(どちらかというと、考えるのが好きだが、手を動かすのは面倒なのかもしれません。)

というのも、受験としての目的だけではなく、数学や物理では一見複雑そうな問題でもある程度自分の手を動かしてみると、初めて数学的にまたは物理的に面白いことが言えるというのが多いからです。

この課題は、以前からずっとありましたが、最近やっと解法を考えて比較的早くすぐに手を動かすようになってきています。

あとは、その思考力を生かして、論理的飛躍や記述不足を減らし、自信のいく解答を作り上げていけばそのまま軌道に乗ると思います。

 

S君の課題
R君と同じで思考力は確かですが、R君とは逆で長考より手を動かしていく姿勢があります。
その意味で、受験に対する姿勢としてはかなり理想的であると言えます。

しかし、書く解答を見てみると、あまり言葉による説明がない。そのため、難関大学特有の発想力より論理力を問う問題に対して、ある程度難儀することが予想されます。

一方で、解いているのを見ていると、解法の過程を声に出していることが多いので、それをまとめて書けば十分です。

※S君の以前の模試結果はこちら

 

mystep.hatenablog.jp

mystep.hatenablog.jp

 

 

 

以上、市ヶ尾高校3年R君/ 全統河合共通テスト・記述模試と、R君、S君の課題についてお伝えしました。次回もお楽しみに!

 

 

 

【中学生向け】指導要領改訂・入試情報と夏の過ごし方

f:id:mystep-susukino:20200722003422p:plain


 

 

学習指導要領の改訂 

令和3年度から、新学習指導要領の全面実施により、学校の授業や教科書が大きく変わります。

中でも大きく変化するのが「英語」です。今までと同じ勉強をしていては、確実に学校の授業についていけなることは明白です。

ここでは、「英語」の学習指導要領がどのように改訂され、学校の授業がどのように変わるのかをお伝えしていきます。

 

英語の改訂について

主な改訂のポイント

①5つの領域(「聞くこと」「読むこと」「話すこと[やり取り・発表] 」「書くこと」)別の目標を設定
➁中学校・高校の授業は外国語で行うことを基本とする
③単語数が、小学校で最大700語、中学校で1800語程度に増加
④中学内容に高校英文法の内容が移行

(参考:文部科学省ホームページ 資料4 新学習指導要領について)

https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/044/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2018/07/09/1405957_003.pdf

 

①5つの領域(「聞くこと」「読むこと」「話すこと[やり取り・発表] 」「書くこと」)別の目標を設定

今回の改訂から、英語4技能5領域のうちの「話すこと」が重視されるようになります。

授業の中では、英語で対話したり、スピーチやプレゼンテーションなどの発表を行う機会が今よりも多くなり、成績の評価対象になることが予想されます。

また、英検や大学入試でも英語の「話すこと」が重視されます。

これからは、筆記試験だけができても話せなければ意味がない、という時代に突入するでしょう。

 

➁中学校・高校の授業は外国語で行うことを基本とする

これに関しては「本当にできるの!?」と疑ってしまいたくなりますが、文部科学省は中学校・高校の授業をオールイングリッシュで行うと発表しています。

これにより、英語を正しく聞き取り、理解する力がなければ、学校の授業についていけなくなってしまうことになります。(もちろん、何かしらのサポートはあるとは思いますが…)

だからといって、すぐに英会話を!ということではなく、英語に聞き慣れておくこと、きちんとした英文法を理解した上で学習を進めることが大切です。

 

③単語数が、小学校で最大700語、中学校で最大1800語程度に増加

新学習指導要領では、中学校3年間で学習する単語数は、1200語程度だったものが1600~1800語程度になります。

合わせて、小学校でも700語程度を学習するため、中学3年までに学習する単語数は2500語にもなります。

今まで中学3年間で学習していた単語数の約2倍もの量を学習するとなると、一瞬でも手を抜いてしまうことは命取りになります。

 

④中学内容に高校英文法の内容が移行

内容の移行として、これまで高校英文法で扱われていた「仮定法」や「現在完了進行形」などが中学内容に移行します。

また、令和3年度から使用される新しい教科書の中には、これまで1年間で学習していた内容を約半年ほどで終わらせてしまうようなカリキュラムのものもあります。

内容の増加に加え、授業の進行速度も上がり、学校の授業についていけなくなることは容易に想像ができます。

(参考:【外国語編】中学校学習指導要領(平成29年告示)解説)

 

中学1・2年生

「生活習慣の乱れ」に注意!

中学1・2年生の生徒様・保護者様に向けて、最も伝えたいことは「生活習慣」についてです。このタイミングで「生活習慣」をきちんと正しておかないと、中学3年生になって後悔することになります。

「生活習慣」の乱れでよくあるのが、部活の疲れによる集中力の低下、スマホによる夜更かしからくる眠気などです。

特によくあるのが、「スマホへの依存」です。中学生になり、スマホを持たせ始めるご家庭も多くなってくるかと思いますが、ここできちんと対策をしておかないと、四六時中スマホを触っていないと落ち着かない、スマホ依存症になってしまします。

このスマホ依存症になってしまうと、生活のリズムが崩れたり、友人関係においてトラブルがおきたり、身体的影響だけでなく、精神的影響も大きくなってしまいます。

だからと言って、スマホを持たせないというのも不便で困る…というご家庭もあるかと思います。スマホを持たせながら、スマホ依存症にならないためには、スマホを使う際のルールをきちんと決めておきましょう。

 

スマホのルールの決め方などは、以下の記事でもご紹介しています。ぜひご覧ください!

mystep.hatenablog.jp

 

この夏休みは、定期テストが終わってホッとしてしまう時期かと思います。そこで一気に気持ちが緩んでしまい、スマホを常時触ってしまうなどの「生活習慣」の乱れが出ないよう、徹底していきましょう!

 

夏の過ごし方

夏の過ごし方については、約2カ月後にやってくる前期期末テストに向けて学習を進めましょう。

前期中間テストは、学校での学習が始まってから約3ヶ月の期間がありました。また、前期中間テストは、問題のレベルも基礎内容がほとんどであり、なんとなく点数が取れてしまったという生徒様もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、前期期末テスト以降は、そうはいきません。期末テストは、中間テストの範囲からも出題される上に、応用レベルの問題の割合が増える傾向にあります。また、今回は新型コロナウイルスの影響でテスト日程がずれ込んだため、前期期末テストまで約2カ月しかないのです。

ここでもし、「前回のテストである程度点数も取れたから大丈夫」と油断して、今までと同じか、今までより学習時間が減ってしまうと、100%点数は下がります。

前期期末テストできちんと満足のいく点数を取るには、今この瞬間から勉強を始めなければなりません。

夏休みは、部活などで開放的になってしまいがですが、気を緩めすぎることのないように注意しましょう。

 

 

中学3年生

令和3年度入試情報

新型コロナウイルスの感染拡大により、皆様の今年度入試に対するご不安が大きくなっているのを感じております。

そこで、現時点で発表されている神奈川県公立高校入試情報についてまとめました。

 

日程

【募集期間】令和3年1月28日(木曜日)から2月1日(月曜日)まで

【志願変更期間】令和3年2月4日(木曜日)から8日(月曜日)まで

【学力検査等の期日】令和3年2月15日(月曜日)

【面接及び特色検査の期日】令和3年2月15日(月曜日)、16日(火曜日)及び17日(水曜日) 

【追検査の期日】令和3年2月22日(月曜日) 

【合格者の発表】令和3年3月1日(月曜日)

(参考:神奈川県教育委員会ホームページ)

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/nyusen/nyusen/r3/r3nyusen-nittei.html

 

日程については、例年通りとなっています。試験日が後ろにずれ込むなどはないようです。

 

出題範囲

7月3日に、令和3年度入試の出題範囲の詳細が発表されました。

f:id:mystep-susukino:20200709160131j:plain

東京都立入試では、英語の関係代名詞や数学の三平方の定理などがカットされると発表されましたが、神奈川県では大きな内容のカットはないようです。

そのため、これまでの過去問や模試も通常通り使用が可能となります。

(参考:神奈川県教育委員会ホームページ)

https://www.pref.kanagawa.jp/documents/24739/hanni-chugaku.pdf

 

 

模試について

例年、中3生の皆様には、「神奈川全県模試」もしくは「W合格もぎ」をお受けいただき、志望校選定や進路指導等に活用させていただいております。

今年は新型コロナウイルスの影響で会場受験が困難かと思われますので、皆様には「自宅受験」をお勧めいたします。

 

「自宅受験」をされる場合、教室での受験をご希望される方は個別にご連絡ください。

 

なお、模試に関する疑問点などありましたら、過去記事にまとめてありますのでご覧ください。

mystep.hatenablog.jp

mystep.hatenablog.jp

 

 

神奈川全県模試

f:id:mystep-susukino:20200722003800p:plain

 (参考:伸学工房ホームページ)

https://www.shingaku-kobo.com/moshi/details.html

 

 

W合格もぎ

7月   第1回 19日(日)

8月   第2回 23日(日)

9月   第3回 27日(祝)

10月 第4回 25日(日)

11月 第5回 22日(日)

12月 第6回 6日(日)・第7回 13日(日)

1月   第8回 10日(日)

※8月まで自宅受験のみ。

(参考:新教育ホームページ) 

https://www.schoolguide.ne.jp/mogisiken/schedule/

 

【小学生向け】学習指導要領改定と夏の過ごし方について

f:id:mystep-susukino:20200722002328p:plain


今回は、小学生の皆様・保護者様に向け、学習指導要領の改定内容や夏の過ごし方についてお伝えしていきます!

今後の学習において重要な内容となっていますので、ぜひお読みください!

 

 

学習指導要領の改訂

今年度より、小学校における新学習指導要領が施行されます。今回の改訂によって、学習内容がどのように変化するのかを簡単にまとめました。

今回は、皆様からご相談の多い「算数」と「英語」についてご紹介します。

 

算数

内容の改訂について

第3学年
メートル法の単位の仕組み(k(キロ),m(ミリ)など接頭語について)←第6学年から

第4学年
メートル法の単位の仕組み(長さと面積の単位の関係について)←第6学年から

第5学年
素数→中学校第1学年へ
分数 × 整数,分数 ÷ 整数→第6学年へ
メートル法の単位の仕組み(長さと体積の単位の関係について)←第6学年から
速さ←第6学年から

第6学年
分数 × 整数,分数 ÷ 整数←第5学年から
メートル法の単位の仕組み→第3学年,第4学年,第5学年へ
速さ→第5学年へ
平均値,中央値,最頻値,階級←中学校第1学年から

(注)赤…当該学年に移行して入ってきた内容
   青…当該学年から移行してなくなった内容

 

改訂のポイント

ポイントは「データの活用」と「プログラミング教育」の2つです。

 

「データの活用」は、資料(表やグラフ)から適切に情報を読み取り、読み取った情報から考察し、問題解決につなげる力を養うことを目標としています。

中でも大きな変更点として、第6学年の学習内容に、中学1年で学習していた「平均値、中央値、最頻値、階級」が移行してきたことが挙げられるでしょう。

「データの活用」は、中学校でも継続して学習するため、資料を読み取る力・資料から考察する力は、小学校の段階でしっかりと身につけておく必要があります。

 

「プログラミング教育」は、プログラミングを通して、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を養うことを目標として学習します。

算数では、第5学年の「図形」の分野において取り扱われ、他には理科や総合的な学習の時間でも取り扱われる予定です。

「プログラミング教育」は、あくまでも教科としてではなく、手段として指導されます。そのため、「プログラミング」の知識や技能ではなく、「プログラミング」を通して図形の性質などに気づけるかどうかという思考力が重要視されるようです。

(参考:【算数編】小学校学習指導要領(平成29年告示)解説)

 

英語

内容の改訂について

第3学年、第4学年において「外国語活動」が、第5学年、第6学年において「外国語科」という教科が実施されます。

 

中学年で実施される「外国語活動」は、今回の改訂から導入されました。

もともと、中学年には「外国語」を学ぶカリキュラムはありませんでしたが、グローバル化や、高学年の「外国語科」の導入、そして中学校の「英語科」への接続に考慮しての改訂です。

基本的に、「活動型」の授業が展開され、週に1コマ程度で行われます。

外国の言葉や文化を知り、コミュニケーションに活かそう、という目標のもと、外国語を「聞くこと」相手と「話すこと」など、「音」を中心として学んでいく内容になっています。

 

高学年で実施される「外国語科」は、「教科型」の授業が展開され、週に2コマ程度で行われます。

中学年の「外国語活動」から発展して、「聞くこと」「話すこと」などの「音」による学習だけでなく、「読むこと」「書くこと」をコミュニケーションに活用することを目標としています。

中学年では「音」による学習がメインでしたが、高学年では中学校で身につけるべき実際のコミュニケーションにおいて活用できる基礎的な内容を学習します。

 

「外国語科」の主な学習内容としては以下の通りです。

・英語の文字の名称の読み方を活字体の文字と結び付け、名称を発音すること。
・四線上に書くことができるようにすること。
・中学年の外国語活動を通して「十分に音声で慣れ親しんだ簡単な語句や基本的な表現」について、読んだり書いたりすること。
・語順を意識しながら書き写すことができるようにすること。
・自分のことや身近で簡単な事柄について、例文を参考に書くことができるようにすること。
など

 

改訂のポイント

ここできちんとお伝えしておきたいのは、中学校の「英語科」への接続です。

令和3年度からは、中学校でも教科書の改訂が行われます。

 

主な改訂のポイント

①5つの領域(「聞くこと」「読むこと」「話すこと[やり取り・発表] 」「書くこと」)別の目標を設定
➁中学校・高校の授業は外国語で行うことを基本とする
③単語数が、小学校で最大700語、中学校で1800語程度に増加
④中学内容に高校英文法の内容が移行

(参考:文部科学省ホームページ 資料4 新学習指導要領について)

https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/044/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2018/07/09/1405957_003.pdf

 

①5つの領域(「聞くこと」「読むこと」「話すこと[やり取り・発表] 」「書くこと」)別の目標を設定

この改訂で注目したいのが、小学校高学年の「読むこと」「書くこと」という目標です。

今まで中学1年の段階で学習していたアルファベットや単語、文章の読み書きを、小学生の段階から学ぶことになります。

教科科されるにあたり、テストの導入や成績もつけられることなどを考えると、アルファベットや単語をスムーズに読んだり、書いたりできるようにしておくことは必須だと言えるでしょう。

そして、中学年からも導入される「話すこと」は、コミュニケーションにおける対話と発表の力をつけることを目標としています。

これは大学入試改革のひとつである、英語4技能によるものです。英語は、筆記試験だけができても、話せなければ意味がない、という時代に突入するでしょう。

 

➁中学校・高校の授業は外国語で行うことを基本とする

これに関しては「本当にできるの!?」と疑ってしまいたくなりますが、文部科学省は中学校・高校の授業をオールイングリッシュで行うと発表しています。

これにより、英語を正しく聞き取り、理解する力がなければ、学校の授業についていけなくなってしまうことになります。(もちろん、何かしらのサポートはあるとは思いますが…)

だからといって、すぐに英会話を!ということではなく、小学生の段階から会話表現としてではなく、きちんとした英文法を理解した上で学習を進めることが大切です。

 

③単語数が、小学校で最大700語、中学校で最大1800語程度に増加

今年度から導入される教科書を見て驚いたのは、「単語数」です。

新学習指導要領には、3年から6年までに学習する単語数は600~700語程度で、それらを覚えて使いこなせるようにしなければならないとあります。

これまで中学校において学習していた単語数が1200語程度だったので、そのうちの半分を小学生の段階で身につけておく必要があります。

さらに、中学校3年間で学習する単語数も1200語程度だったものが1600~1800語になります。

もはや「英語は中学生になってから…」では取り返しのつかないことになるのは明白です。

 

④中学内容に高校英文法の内容が移行

現段階で、改訂が入る新しい教科書内容を見ると、小学校の段階で学習した内容を「覚えて書ける状態」を前提として学習が進んでいくように感じました。

また、学習のスピードも速く、中学2年で学習していた内容のうちの半分が、中学1年のうちに学習され、さらに高校で学習していた英文法、仮定法や現在完了進行形などが中学に移行してきます。

 

それらを踏まえて考えると、小学校の段階において英語の学習につまずいてしまうと、中学校で挽回するのは非常に難しくなるでしょう。

小学生の段階からきちんと英語を学び、中学校に備えること。これが何よりも大事だと言えます。

(参考1:【外国語活動・外国語編】小学校学習指導要領(平成29年告示)解説)

(参考2:【外国語編】中学校学習指導要領(平成29年告示)解説)

 

夏の勉強

今年は、新型コロナウイルスの影響で、どの学校でも夏休みが2週間程度となっています。

この2週間を有効利用するためには、一体何をどのように勉強したらよいのでしょうか。

 

これまでの復習

夏休みが始まったら、まずは夏休みまでに学習した内容をきちんと復習しておきましょう。

休校明けで、「学校授業の進みが速くてついていけない…」という生徒様の声もありました。ここまでに学習した内容をきちんと身につけた上で、夏休み明けの授業にのぞみましょう。

復習方法としては、基礎的な問題集がベストです。それぞれの内容をまんべんなく解いておくようにしましょう。

 

英単語の暗記

新学習指導要領をふまえると、英単語をきちんと読め、意味が言え、スペルを書けるようにしておくことはとても重要です。

夏休みの時間を使って、毎日継続して英単語を覚えておくだけでも、今後の学習に役立つことは間違いありません。

 

英単語の覚え方に関しては、過去記事をご覧ください。

また、塾の授業の中でも、英単語の覚え方は指導しております。お困りの方はぜひご相談ください。

mystep.hatenablog.jp

 

5年生、6年生の皆様・保護者様へ

5年生、6年生の皆様にとって、中学校入学までの1~2年は、非常に重要です。この1~2年間の過ごし方で、高校受験の明暗が分かれると言っても過言ではりません。

何度もお伝えしているように、今回の学習指導要領の改訂により、小学校、中学校における学習内容が大きく変わります。

この改訂に合わせていかなければ、中学校入学の時点で大きく遅れをとってしまうことは間違いありません。

今、この瞬間から、中学校入学までの期間を無駄にしないために、早めの対策をとっておくことをおすすめいたします。

 

まず、算数に関しては、現学年の内容が定着できたら、すぐに新学年の内容の予習を行う必要があります。

当塾では、特に6年生の場合、例年秋ごろから中学校までの内容に入ります。

というのも、中学生になってから中学校内容の学習を始めても絶対に間に合わないからです。

中学校の一番初めの学習では、約1~2ヶ月で教科書50~80ページ分の内容が進められます。このスピードは、小学校の学習スピードの2~3倍です。

そして、すぐに最初の定期テストである前期中間テストが行われます。

前期中間テストの範囲を塾の授業で学習するとなると、まず基礎を習うのに平均3ヶ月、定着(何も見ずにスラスラと解ける状態になるまで)に平均2~3ヶ月かかります。

つまり、定期テストできちんと得点できる状態をつくるまでに、少なくとも半年はかかるということなのです。

ということは、中学校入学の4月から学習を始めたとしても間に合うはずがありません。

 

それに加えて、中学校では身の回りの環境が大きく変わります。

新しい人間関係、部活、課題…日々の変化についていくのがやっとという状態で、落ち着いて学習するのは至難の業です。

そのため、6年生の秋ごろから、中学校内容の予習をしておき、ある程度の貯金をつくっておくことは、必須だと言えます。

 

また、英語に関しても、上記でお伝えしたように、小学校で学習した内容、英単語などを覚えて使える状態でなければ、当然、中学校の授業についていくことはできません。

そのため、算数と同じように、早い段階から準備をしておくことは重要です。

特に、「外国語科」が導入される5年生の前から準備をしておくことも、今後の学習をより円滑に進めるためには必要だと言えます。

 

当塾では、これまでも小学校の段階における、中学内容の予習の必要性を皆様にお伝えしてきましたが、今回の学習指導要領の改訂をふまえると、さらに必要性が高まってきていると考えています。

そのため、ぜひこの夏休みを有効利用し、今後の学習をサポートできればと思っています。

 

何かお困りのことがあれば、いつでも教室までお問い合わせください。

新規入会生募集停止・延長のお知らせ(8/17までを予定)

f:id:mystep-susukino:20191216170548p:plain

こんにちは!

あざみ野・新百合ヶ丘・たまプラーザの学習塾/予備校の

MySTEP(マイステップ)です!

今回はお知らせのみです。

満席の為、6月15日から7月19日まで新規生募集を停止しておりましたが、ご予約の方で

空き枠が埋まってしまったため、7/20より、再度新規生募集を停止いたします。

ご迷惑をお掛け致します。

次回の募集再開は、8/17を予定しております。

体験授業、カウンセリングのご予約については、募集停止期間も受け付けております。

直接教室(045-507-7716)までお電話にてお問い合わせください。

※体験授業の実施については8/17以降になることもございます。ご了承ください。